コラーゲン

1日に必要なコラーゲンの摂取量は?吸収率の高いコラーゲンの選び方

更新日:

1日んい必要なコラーゲンの摂取量

コラーゲンは丈夫な骨筋肉軟骨皮膚髪の毛などを作る為やダメージを修復するのに必要なたんぱく質で、健康な体を維持するためにも必要な美容成分です。

コラーゲンは身近な栄養素ですが不足してしまうと様々な肌の不調の原因になるので、特に美しい肌を手にしたい美肌意識の高い女性なら普段からコラーゲンを身体に摂り入れる事に気を配っているのではないでしょうか。

体内のコラーゲン量は年齢と共に減少してしまう事は良く知られた話なので、今のうちからエイジングケアとしてコラーゲンを摂っていたり、またはこれからコラーゲンを摂り始めようかと考えている人も多いかと思います。

でも毎日どのくらいのコラーゲンを摂ればいいかを知っている人は意外に少ない様で、「肌の為にはコラーゲンはできるだけたくさん摂った方がいいの?」って思う人もいると思います。

ららちゃん
この記事では、1日のコラーゲンの摂取量について解説しています。

1日に必要なコラーゲン量とは

体内のコラーゲンは不足している

コラーゲンはまとめて摂るのではなくて、毎日摂るほうが効果的に吸収する事ができます。

その為にはどのくらいの量のコラーゲンを摂るといいのでしょうか?

1日に摂るべきコラーゲン量の目安は?

胸に手を当てる女性

一般的な大人で1日に必要なコラーゲンの摂取量は5g~10gと言われています。

これに対して日本人の20代~50代の女性の平均摂取量は1.9gという調査結果があり、毎日摂り入れているコラーゲン量は、本来必要な量の半分にも満たない事がわかっています。

美肌に必要なコラーゲンが足りていないのを知らずにいくらスキンケアを頑張っても、なかなか肌がきれいにならないのはそういった理由があるからなのです。

ららちゃん
毎日5~10gのコラーゲンを摂るのが理想なのね。

食べたコラーゲンのほとんどは吸収されない?

手洗い

実はコラーゲンがたっぷり含まれた食事を摂って、必要なコラーゲンを摂ったとしても、その食材に含まれるコラーゲンが全て体内に吸収されるわけではありません。

少しショックをうけるかもしれませんが、それは本当のことなのです。

食べたコラーゲンが吸収されにくい理由は、2つあります。

1つ目は「コラーゲンの分子量が大きいから」で2つ目は「コラーゲンは体内で消化される際にアミノ酸に分解されるから」です。

この2つの理由から、コラーゲン入りの食事をいくら食べてもコラーゲン不足が解消されないのです。

ららちゃん
コラーゲンが多い豚足とかすっぽんを食べても意味ないんだ...
コラーゲン
コラーゲンを飲んだ後
コラーゲンを飲んでも意味がない!?経口摂取した後お肌に届くの?

コラーゲンは肌ケアの必需品として人気が高い美容成分で、潤い不足を感じている女性の間ではコラーゲンサプリの愛用者も多いです。 そんな中で、「そんなに真剣にコラーゲンを飲んでもどうせ肌には効果ないし意味な ...

続きを見る

体が吸収率しやすいコラーゲンペプチドを摂ろう

コラーゲンの分子の大きさ

それでは足りないコラーゲンをどうやって補うのかというと、ちゃんといい方法があるのです。

通常のコラーゲンは分子量が10万~30万と非常に大きいので、そのままでは身体が吸収できないので消化の際、より小さな分子量のアミノ酸へと分解されます。

これに対してあらかじめコラーゲンを分解して分子量を小さくした(ペプチド化)コラーゲンペプチドという種類のコラーゲンがあります。

コラーゲンをペプチドに精製すると分子量が小さくなって、アミノ酸に近づける事で体内で分解されることなく肌に吸収されやすくなります。

分解されずに身体に吸収されるので、その分効果的にコラーゲンが摂れるという特徴があるのです。

ららちゃん
コラーゲンを効率よく摂るならコラーゲンペプチド...メモしとこ!

コラーゲンの分子量と吸収率の違い

コラーゲンには由来ごとに分子量や吸収率に違いがあるので紹介します。

まず豚足や手羽先、豚骨などの動物性コラーゲンは分子量が約30万もあるので、吸収率は非常に悪く、食事から摂りやすい反面、吸収されにくいという特徴があります。

次に動物性コラーゲンを熱で加水分解してできたゼラチンですが、分子量は三分の一の約10万まで小さくなったので、少し吸収率が良くなりますが、まだまだ悪いです。

次に動物由来のコラーゲンをペプチド化したコラーゲンペプチド(動物性由来)は、分子量が約3,000~1万とかなり小さくなり、吸収率は良くなります。

次は魚由来のコラーゲンをベースにペプチド化したコラーゲンペプチド(魚由来)は、分子量が約500~1万とさらに小さくなって非常に吸収されやすくなります。

最後は魚のウロコを原料としたコラーゲンペプチド(魚のウロコ由来)ですが、分子量は約500~1万で、一番吸収率が良いコラーゲンです。

ららちゃん
一番吸収率が高いのは「魚のウロコ由来のコラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドを摂る方法

コラーゲンペプチドは食事からは摂れない

身体に吸収されやすい「コラーゲンペプチド」は残念ですが、食事から摂ることはできません

ではどうするのかというと、ペプチド化されたコラーゲンサプリを利用する事が一番手軽で効果的にコラーゲンを補給できる方法になります。

ただ、ペプチド化されたサプリメントならどれでもいいかというとそうではありません。

サプリには、コラーゲンの天然素材のみを使ったものだけでなく、添加物などが含まれたものも多いのでアレルギーを持つ人や、妊娠中、体調不良の人などは注意が必要です

安心して摂る為にも、できれば天然の素材のみを使ったコラーゲンサプリを選ぶことをおすすめします。

ららちゃん
コラーゲンペプチドは食事からは摂れないから、サプリで補う必要があるのね。それに、添加物が入っていないものを選ぶのがいいのね!

次に体に吸収されやすいおすすめのフィッシュコラーゲンを紹介します。

コラーゲンペプチドで大人気!「天使のララ」

天使のララの箱の中

コラーゲンを効果的に吸収できて、無添加副作用もなく飲みやすいと評判の「天使のララ」というコラーゲンがおすすめです。

\天使のララの効果について詳しいレビューはこちら/

天使のララレビューはこちら

天使のララはお好きな飲み物に入れて飲む無臭の液体ドリンクなので、紅茶やジュースなど好きな味で飲む事ができます。

とても良心的な価格なので試しやすいし「毎日の生活や肌の為にコラーゲンを効果的に摂りたい」という人はぜひチェックしてみて下さい。

天使のララを試してみる

コラーゲンを摂りすぎたら良くないの?

大盛りのお寿司

上で紹介した様に、1日に必要なコラーゲンが約5gなのに対して、実際に摂っているのは1.9gという研究データが示す様に、サプリなどを活用していない限り、ほとんどの女性がコラーゲンは不足ぎみなので、よほどの事がなければコラーゲンの摂りすぎを心配する必要はありません

コラーゲン自体は体内にも存在するたんぱく質なので心配はいりませんが、例えば動物性コラーゲンを食事で摂り入れた場合、肝臓でコラーゲンをアミノ酸に分解するので、あまりにも摂取量が多い場合は肝臓に負担がかかる可能性もあります。

またコラーゲンが含まれる食品は脂質が多いので、太ってしまうリスクもあるので食べ過ぎは良くないでしょう。

ららちゃん
1日の上限は10gくらいを目安にしておくと良いですね。

太る心配がなく効果的にコラーゲンを摂りこむ為には、コラーゲンドリンクを活用してみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

コラーゲンの1日の摂取量について紹介してきました。

コラーゲンは食事からの摂取はほぼ絶望的!ということがわかって頂けたかと思います。

では、どうするか?

それは、サプリで補うのが一番です。

でもコラーゲンには種類があり、一番吸収率が高いのは「魚のウロコ由来」のものでしたね。

コラーゲンの吸収率ランキング

  1. コラーゲンペプチド(魚のウロコ由来)
  2. コラーゲンペプチド(魚由来)
  3. コラーゲンペプチド(動物性由来)
  4. 動物性コラーゲン(ゼラチン由来)
  5. 動物性コラーゲン

今回紹介した天使のララというコラーゲンは吸収力が高い魚のウロコ由来のコラーゲンペプチドを配合していて、芸能人も飲んでいる素敵なコラーゲンです。

初回は半額キャンペーンもありますので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

ららちゃん
天使のララはわたしも愛用しているコラーゲンです♪

吸収力が高いコラーゲン「天使のララ」はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ららちゃん

天使のララを使って美肌を目指す30代お気楽系女子。私と同じようにお肌の潤い不足に悩む人のお役に立てればと、実際に天使のララを使った経験や感じた感想を記事にしています。 わたしと一緒に「天使のララ女子」になって肌の潤いを取り戻しましょう♪

-コラーゲン

Copyright© 天使のララ本格レビューサイト , 2019 All Rights Reserved.